読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きままりすと

気儘に言及するブログ

きままりすと

人生初! 確定申告の相談説明会に行ってきました!【失敗篇】


f:id:kimamalist:20160125223244j:plain

本日、私の住んでいる地域の市役所内で臨時に行われている「税理士による確定申告の相談説明会」に参加してきました。

 

確定申告と言っても、立派な収入があるが故の「あー、確定申告しなきゃ! 面倒くさいけど!」ではありません。前職を年末調整前に退職をしてしまったが故の「あー、確定申告しなきゃ! 面倒くさいけど!」です。「転職に失敗したニートでも、年末調整を行っていない奴は確定申告しなきゃいけない」と、市役所を訪れた時に手厳しそうに見えて親切なオバちゃんに教えてもらって、初めて知ってから約一ヶ月。聞かされた時は、正直めちゃくちゃテンション落ちました。マジかー……って。

しかし、転職に失敗したニートこそ確定申告はするべきです。何故なら、確定申告をすることで一定の控除を受けられるからです。つまり、現金が多少なりとも払い戻されるわけです。

これはやらない手はない! ということで、人生初めての確定申告相談説明会に行ってきました!感想文。 今日は失敗談です!

 

 

AM.9:00 市役所入り

自宅付近を通る市役所行きのバスを利用し、通勤客に混じって市役所へ。大凡の移動時間は30分程度。「きっと混むだろうな」と予想して向かったのですが、市役所よりも先ずバスがめちゃ混みでした。途中、チワワを鞄に入れた人が乗ってきてビックリ。あと、意外とお年を召した人が盛りだくさんで尚ビックリ。

市役所に到着。どこが会場なのか分からないので、受付嬢に「確定申告の、説明会? に来たんですけど……」と聞いてみる。この時、めっちゃ噛み噛みで挙動不審。怪しい人がいるんです! と通報されるんじゃないかと思いましたが、そんなコミュ症にも慣れているのか、親切丁寧な口案内で会場への行き方を教えてくれる。束子。終始ペコペコ頭を下げまくる。

 

AM.9:09 市役所から会場までの道のりを迷子になる

すんなり行ければ、恐らく3分も掛からないだろう道のりに5分以上費やす。

やけに人の出入りが激しい小道を見つけなければ、さらに会場入りが遅れたことでしょう。

 

AM.9:10 会場入り

この時点で既に、40人以上の相談者が居ました。殆どおじいちゃんおばあちゃん。

受付表を貰うもどうしたら良いのか分からず、同じく初めての確定申告であろう見知らぬお兄さんとオロオロする。おじいちゃんおばあちゃんに迷惑そうな目で見られる。

やはり現金が絡んでいる所為だからなのでしょうか。皆さんとても確りしていて、俊敏で、勢いが凄まじくありました。必要ないだろう申請書をバンバン手に取り、スタッフさんにガンガン話しかけ、ドンドン厠へ行く。勢いが凄まじすぎて、私は「出来るだけ邪魔にならない、空気になれるところは何処だ……!?」と隅っこを終始探していました。

 因みに、一緒にオロオロしたお兄さんを始めとする一握りの若者達。みんな端っこで石のようになっていました。

 

AM.9:20 副市長登場

副市長の挨拶が始まる。しかし、誰も聞いちゃいない。

室内に、会議前の資料か!? ってぐらい大量に申請書が置かれた一角を発見。所謂「白色」「青色」「医療控除」の申請書を発見するものの、私には何のこっちゃ分からないので手に取らずジッとしている。中には、申請書を選び取って、パッパパッパと記入し提出して行く人達も現れる。

……あれ? 相談説明会? 選挙でいう「期日前投票」の間違いだったかな?

 

AM.9:30 受付開始

受付番号順に呼ばれていくのですが、途中、行方不明者が数人発生する

行方不明者を飛ばして呼ばれたおばあちゃんが、相談室に入場拒否する場面も発生する(行方不明者はトイレに行ってたか、待ち時間に耐え切れず職員に只管話しかけていた人だったので直ぐに発見。解決する)。

 

AM.9:50 束子。呼ばれる

年末調整前に退職したこと、確定申告が初めてなことを只管訴える。担当してくれた税理士さんはとても良い人で、丁寧に話を聞き取って教えてくれようとしていました。並行して担当していたおじいちゃんがお喋りさんだったので、凄く大変そうでしたけれど。

ここで、私が今日持っていったもの一覧。

  1. 源泉徴収(1枚)
  2. 生命保険の支払い証明書(3枚)
  3. 印鑑
  4. 筆記用具

 4点を見て、税理士さん「退職後支払いしている、保険の証明書はありますか」

束子。「?」

保険=生命保険だと思ってので、2番の書類を提示する。

税理士さん「いえ、それではなく。国保のお支払いしてますよね?」

束子。「あ、はい。してます」

税理士さん「その支払いを証明書ってありますか? それも必要ですよ」

束子。「!?!?」

 

完全に、年末調整で使ったもの=それだけあればオッケー! と思っていた私。

国保の支払いを証明出来るものはないと告げると、税理士さんはやんわりと「国保の支払いも控除対象だから、より多く返って来るんですよ。絶対付けたほうが良いです」と助言してくれました。

 

AM.10:00 会場を出る

結局、より多く戻ってきた方が良いじゃないか! と判断した私。税理士さんに「また後日来ます!」と宣言して撤退しました。今日中にパパッと終わらせるつもりだったのに、完全なる失敗です。

しかし、何の成果も得られなかったかと言えば、そんなことはありません。国保も対象だということ。そして来ている人は、みんなとてつもないエネルギーを秘めていることが分かりました。

 

 

近日、「人生初! 確定申告の相談説明会に行ってきました!【リベンジ篇】」をこの場で書けることを夢見て。

(写真素材は「フリー写真素材ぱくたそ/https://www.pakutaso.com」さんからお借りしました)

忍者AdMax