読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きままりすと

気儘に言及するブログ

きままりすと

ゲストの吹き替えが有名・人気声優だった時の犯人率は異常【海外ドラマ/サスペンス】

日常の話 日常の話-海外ドラマの話

どうも、束子。です。

突然ですが、みなさんは「海外ドラマ」をご覧になられますか? 私はよく観ています。特にサスペンス系の作品が好きで、しかも家族揃って「海外ドラマ」ファンなものですから、日中のテレビは高確率で「スーパードラマTV」「AXN」「FOX」のどこかに固定されています。

 

サスペンスドラマには必ず、『犯人』役がゲスト出演します。日本のドラマでは「この人、いつも悪役だよねー。だからきっと犯人!」と予想がつくのですが、海外ドラマの場合は少し違います。

「この声の人、有名(人気)声優だよね。絶対犯人だわ」

 

 

有名・人気俳優の基準

今や有名・人気声優さんは驚くほどたくさんいます。が、本記事での『有名』『人気』は以下を基準にして判断しています。

 

  1. 複数の海外ドラマ・洋画の吹き替え、アニメのCVを担当している
  2. 名前が広く知られている
  3. 名前は知らなくても、聴いただけで「あの声の人だ!」と連想することが出来る
  4. メイン、ゲスト関係なく、いろんなドラマで吹き替えを担当している(海外ドラマファン対象)

 

この人が吹き替えてたら、だいたい犯人

f:id:kimamalist:20160311125641j:plain

それでは、実際に「あ……この人、犯人だわ」と予想がついてしまう声優さんをご紹介します。

 

 東地宏樹

脱獄ドラマ『プリズン・ブレイク』のマイケル・スコフィールドで有名な東地宏樹さん。名前は知らなくても「ウィル・スミスの声の人」でもお馴染みなので、聞き覚えのある人は多いはず。

作中で登場した見知らぬ男の声が東地ボイスだった場合、かなりの高確率で犯人です。

犯人じゃなくても、めちゃくちゃ重要な人物。100%モブキャラではありません。

東地 宏樹 - 俳優、声優、ナレーター、DJ、タレントの株式会社大沢事務所

 

平田広明

『ONE PIECE』のサンジ、ジョニー・デップの吹き替えでお馴染みすぎる平田広明さん。

海外ドラマでは『ER緊急救命室』のジョン・カーターや、『CSI:NY』のダニー・メッサーなど、いわゆる「良い人」な役柄が多い。……と見せかけて、犯人役も多い。冷静に見せかけた激情型の犯人を演じる機会が多い東地さんに比べ、平田さんは冷徹で冷酷な犯人を演じる確率が高いです。

平田広明オフィシャルウェブサイト

 

大塚芳忠

アニメや映画・ドラマの吹き替えだけでなく、日本テレビ系列の情報番組『真相報道バンキシャ!』のナレーターでも馴染み深い、大塚芳忠さん。

もともとコミカルな役からガッツリ悪役まで幅広く演じる芳忠さんは、ゲスト出演でもだいたい悪役です。というか、良い役でゲスト出演した作品を観たことがありません*1

大塚 芳忠 | 株式会社クレイジーボックス

 

藤原啓治

『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしイメージが強すぎる藤原啓治さん。

アニメ作品での登場が多そうなイメージですが、意外と映画・ドラマの吹き替えも担当しています。「ロバート・ダウニー・Jr.の声の人」と言われると、ピンとくる人がいるのでは。

藤原さんもゲスト出演俳優を吹き替える時は、ほぼ犯人です。一言聞いただけで、『とある魔術の禁書目録』の木原数多が連想させられる時があります。

藤原 啓治|AIR AGENCY 声優プロダクション

 

田中敦子

「ニコール・キッドマンの声の人」でお馴染みの田中敦子さん。アニメやゲームでは、いろんな意味での強さを持った年上女性のキャラを演じることが多いです。

作中で、被害者の知り合いや隣人に田中敦子ボイスの女性がいたら、かなりの高確率で犯人です。しかも、ヤンデレだったり年下の男の子に執着していたりと、厄介な属性を持ち合わせている場合が多いのが特徴的。

法を守る側の時は「知的でクールビューティー」「カッコイイお姉さん」キャラが多いので、犯罪者役の時とのギャップが大きすぎます。

マウスプロモーション公式サイト:所属タレント

 

番外編

森田順平

声優業よりも『3年B組金八先生』の数学教師・乾友彦、『半沢直樹』の岸川部長のほうが有名かもしれない、森田順平さん。

声優としては『NARUTOーナルトー疾風伝』の長門や、『クレヨンしんちゃん』の2代目・組長先生が有名でしょうか。森田さんが吹き替えの声優をやる時は、割と高い確率で犯人か嫌な奴です。

マウスプロモーション公式サイト:所属タレント

 

加藤亮夫

『NARUTOーナルトー疾風伝』のキタネでお馴染みの加藤亮夫さん。海外ドラマ好きの人には、『キャッスル〜ミステリー作家は事件がお好き』のリック・キャッスルのほうが馴染み深いかもしれません。

加藤さんがゲストを吹き替えする時も、割と高い確率で犯人。しかも、めちゃくちゃ善人なキャラを被って、実はサイコパスな役柄が多いです*2

アクセント http://aksent.co.jp: 加藤亮夫

 

高確率で犯人=名声優!

既にお分かりかもしれませんが、ゲストで犯人役を吹き替える人は、役柄の幅が広い名声優さんばかりです。今回は『悪役』にスポットを当てましたが、『正義の味方』も演じますし、コミカルな演技にも定評がある方ばかりです。

 

もしも海外のサスペンスドラマ(吹き替え版)を見る時に、メインキャラ以外で上記の声優さんが出演したら、そのキャラを疑いながら観てみてください。

「そんな見方したら、つまらないじゃん!」と思われるかもしれません。が、そんなことはありません。犯人だったら「あ、やっぱりね」となりますが、まさかの善人だった時は「えー、違ったー!」と、いい意味で裏切られた感じがして面白いですよ。

*1:束子。比

*2:束子。比

忍者AdMax